投資で再起を誓う テゲレッドのブログ

株式投資と不動産屋の四方山話

格安SIMならビッグローブ!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tegered:20190303220158p:plain

格安SIMで実際いくら?私の月額費用

f:id:tegered:20190303214211j:plain

 

いきなり結論から見せることにした。 

 

  1. ビッグローブ光回線
  2. 音声付き30ギガプラン
  3. SIMカードシェア3枚(自分用2枚、妻用1枚)

 

これで毎月たったの12,610円

 

 

主回線では音声通話付で30ギガのプランを契約している。ビッグローブだと、追加のSIMを発行することで容量をシェアすることができる。

 

※30ギガを契約しているのは営業の移動中でもTwitterを開いているせいだ(笑)普通の利用者なら夫婦でも12ギガ~20ギガで充分だと思われる。

 

ちなみに余った容量は翌月に繰り越せる。そのため多く余った月は契約プランを下げたりするなどして月額費用を抑えたりもしている。

 

光回線まで引き込んで2人で1.2万円は、その名の通り"格安"ではなかろうか。みなさん自分の携帯料金と是非比較してもらいたい。

 

電話は全く利用していないが、高校時代からの友人などの番号も残っていたりするため、保険として残してある。音声通話プランとデータプランの差は700円あるが、正直その価値を活かしきれていないから、電話番号を捨てる覚悟で切ってもよいかもしれない。。

 

友達紹介プログラム

f:id:tegered:20190303211333j:plain 

格安SIM安いと思ったら、ビッグローブへ!

いまなら回線契約者しか紹介できないキャンペーンがある。

 

2019年3月31日までのキャンペーンだが、

 

下記番号を新規契約時に記入すれば、

お互いに月額利用料金が1ヵ月割引になる

個人的には延長してほしい。。。

f:id:tegered:20190303211314j:plain

 

コードは「92639334256」だ。

 

f:id:tegered:20190303211551j:plain

           f:id:tegered:20190303211605j:plain

f:id:tegered:20190303212019j:plain

 

 

 最大で7,250円が1ヵ月割引になる。

 

私も1ヵ月無料になるので是非お願いしたし(笑)

格安SIM 3年以上利用して

2016年10月に格安SIMを使い始めて3年が経つ。

 

「固定費は下げ、可処分所得を多くしたい」と思い、

 

キャリア系携帯会社を解約し、光回線でお世話になっていたビッグローブの格安SIMに切り替えた。

 

使い心地は「住めば都」ならぬ"使っていたら都"

 

つまり使いやすい!!

 

キャリア系に比べて当然ながら回線の速さの面では、確かに劣るところがあるものの「ニュースサイト」「Twitter」「株アプリ」しか利用しない私にとっては格安SIMで十分。

 

もはや月額費用の点でキャリア系に戻れない。

 

6ヵ月間、1,200円/月引きキャンペーン‼


f:id:tegered:20190303191231j:plain

f:id:tegered:20190303191248j:plain

f:id:tegered:20190303191301j:plain

f:id:tegered:20190303201800j:plain

 

現在、ビッグローブに新規申し込みすると、音声通話プラン付のサービスを申し込めば、6ヵ月間、月額1,200円引きとなるキャンペーンを行っている。

 

しかもビッグローブならドコモ、au回線のどちらも選べるというのがポイントだ。

私がビッグローブを長年愛好している理由

私がビッグローブSIMを長年愛好している理由の一つに、月額200円~でSIMカードを追加できる点がある。

 

キャリア会社だと家族プランなどでデータ容量を分け合える仕組みがあるものの、機種ごとに契約が必要で、基礎料金がどうしても必要だ。

 

ビッグローブなら月額200円~払うだけ複数台持ちが可能である。

 

SIMカードをシェアできる会社はいくつかあるので、細かく知りたい方は下記リンクで調べてみるとよい。

mobareco.jp

 

私は妻と携帯のプランをシェアしているので、

①自分用

②タブレット用(320円)

③妻用携帯(320円)

とSIMカードを2枚追加発行している。

f:id:tegered:20190303202450j:plain

f:id:tegered:20190303204129j:plain

f:id:tegered:20190303204140j:plain

 

追加発行には事務手数料3,000円と準備料として謎の394円が初期費用としてかかる。

 

自分が何枚使うのか、申込前にしっかり確認したい。

 

なお、音声通話機能が付いていないデータ通信のみのSIMカードであれば解約料は発生しない。

 

私がビッグローブを選んだ理由②

私は格安SIMを契約する前からビッグローブ光を自宅に引き込んでいた。

 

ビッグローブ光とビッグローブSIMの両方を契約していれば、半永久的に月額最大300円引きになるサービスがある。

f:id:tegered:20190303205037j:plain

f:id:tegered:20190303205156j:plain

 

ただでさえ安いところ、光回線とかけ合わせれば、更にお得になる。

 

私は自宅では無線LANを利用し、外では格安SIM回線を利用するよう分けている。いまのiPhoneでは画面上部をスライドすれば、すぐにWi-Fiにつなげるボタンがあるので不便とも感じない。

 

最後に

様々なサイトで格安SIMの「どれが一番安くて速い回線なのか」という検証サイトが乱立しているが、個人的にはあまり関係ないように思う。

 

強引な理由だが"格安"の回線を利用するのであれば、多少遅くなることは覚悟し、どこの会社で回線速度は大差ないと思って使うのが一番ではないかと思う。 

 

ユーチューブを外で見たりするのはストレスがたまるが、出先でTwitterやニュースサイトを閲覧するくらいの利用者であれば、ビッグローブなど格安SIM回線を利用し、差額は貯金や投資に回した方がよっぽど良いのではないだろうか。