投資で再起を誓う テゲレッドのブログ

株式投資と不動産屋の四方山話

【初節句】五月人形を浅草橋で購入 顔が命の「吉徳」が良かった話

にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tegered:20190416151724j:plain


こんにちは。テゲレッド(@tegered1)です。

 

もうすぐ5月5日「こどもの日(端午の節句)」ですね。

 

昨年10月に待望の長男が生まれたので、息子は記念すべき令和元年初節句

 

私たち夫婦は五月人形を買うべく、問屋の街「浅草橋」へ行きました。

 

 

「顔が命の吉徳」が一番良かった

浅草橋は問屋街となっており、浅草橋駅前の江戸通りには数多くの雛人形・五月人形を販売するお店が並んでいます。

 

私たちは「久月」「秀月」「吉徳」と三店舗巡りました。

 

どのお店も浅草橋駅から3分以内のところにあります。

 

子供のために数万円~もする人形を買うなんて「無駄すぎて」独身時代は考えられませんが、これがパパになるってことなのかなぁ~

 

なんて思案していたらお店を巡っただけで疲れ果てたのと、一旦冷静になるために帰宅することにしました。

 

小さいこども連れて3店舗巡るの結構大変なんす💦

 

しかしながら、この時、私たちの中では、購入する店舗は夫婦そろって「吉徳しかないな」と固めていました。

 

 授乳室があって、休憩スペースがあって、陳列にゆとりがある

どのお店も立派な人形が飾ってあり、正直どれが良いのか正確には区別ができません。。

 

もちろん値段によって何が違うのかを伺いましたが(それは後述)、結局夫婦そろって吉徳で買おうと決めたのは、

 

  1. 授乳室がある(3F)
  2. 休憩スペースがある(3F)
  3. 陳列間隔が広く、ベビーカーでもストレスなく歩ける
  4. お店の天井が高くて明るい

 

いや、もちろん接客やサービスも良かったのですが、やはり空間は大事だなぁと。

 

どんなにセールスされても、ゆとりを持って聞ける感じの吉徳がやはり良かったなと感じました。

 

また、浅草橋に人形を買いに行けば、必然的に色んなお店を回ることになります。人形や兜の金額を見るだけで、頭がクラクラするのに、子供をあやしたり、荷物持ちながら歩いていたら結構疲れるので、休憩室は重要と感じました。

www.yoshitoku.co.jp

兜の質や細かな違い

三店舗の中で、どの兜が良いのか質を比較できる程、目が肥えておりませんが、少なくともベビー用品を総合的に取り扱うお店のとは、素人目でも違いがはっきり分かります。

 

総合店だと10万円以下の商品がほとんどで、値段の割に量産品っぽいモノばかりです。各三店舗の五月人形はそうした商品とは比べ物にならない程、質が違うと感じました。

 

もちろん浅草橋店舗にも安めのラインナップもありますが、高価で良いものは一つ一つのパーツが手作りです。

  • 兜自体の鉢が「型抜」か「一枚ずつの継ぎ合わせ」なのか
  • 兜の裏の小札(こざね)や威糸(おどし)が兜の吹返しの裏まであるか
  • 小札が「金メッキ」か「金箔押し」さらに上の「金沢箔張押し」なのか
  • 吹返しの模様

こだわりだしたらキリがありません。細かいことは下記リンクでチェックしてください。

ningyo-seisyu.main.jp

 

ただ、もし子供に「生涯一点モノと思える五月人形を買ってあげたい」という気持ちがあるなら浅草橋はおススメです。

浅草橋の人形屋は「値段交渉できる」面白さ

浅草橋で人形を買う醍醐味の一つに「値段交渉できる」ところもあります。

 

そんなの「めんどくさいよ」というのであれば総合店で表示プライスで買えばよいですし、インターネットで注文しても良いでしょう。

 

人形店で気持ちよく表示価格で買っても良いと思います。子供のための一点モノですからね。

 

「値切るなんてハシタナイ」と感じる人もいるはずです。

 

私たちは最初から値切るつもりで浅草橋に行ったわけではないのですが、店員さんと話していると、どうやら"お勉強(値引き)"できるらしいということが分かったのです(予算がないから踏ん切り悪くてモジモジしてただけなんだけど)。

 

これは時期にもよるのでしょうね。5月よりも数ヵ月前ならお店も強気でしょう。

 

私たちは段取りが悪く、たまたま4月にようやく重い腰を上げて、動き始めました。

 

五月人形のシーズンは残り1ヵ月切っています。

 

お店は少しでも売り切りたいという気持ちがあるでしょう。

 

一方、私たち。

 

株で資金をぶっ飛ばしたので、予算なんて雀の涙。

 

それでも子供には良いものを。。。

 

なんて高望みするところではないのですが、

 

うちの妻が、どうしても欲しい人形があったので、店員さんを呼んで表示プライスでは完全に予算オーバーの人形に、がっつきました。

 

金がなくて交渉に自身がない旦那は横でモジモジ。

 

妻「ガシガシガシガシ」

 

 

 

「ガシガシガシガシ」

 

 

 

 

結果、予算通りの値段で買うことができました(^^)/

 

どのくらいの値段の商品を、どういう値段で買ったのかは控えますが、そういうこともできるということだけをお伝えしたいと思います。

最後に

上記理由もあって「吉徳」で購入しましたが、1回目は疲れ果てたために授乳室だけ使って、買わずに帰り、2回目に再訪して購入しました。

 

各店舗、店員さんは沢山いらっしゃいます。

 

そんな中でも1回目訪問した時に、色々教えてくれたり、親切だった店員さんが、偶然2回目の訪問のときにもおりまして、夫婦では愛称込めて「オババ」と呼んでた、その方から買うことができました。

 

どんな店舗で買っても良いと思いますし、その人形が気に入ったならそれを買えばよいと思います。

 

しかし家族にとって一点モノであればこそ最後は人で選んで買うのも、また妙味ではないでしょうか。